トップページ » 旅の便利帳 » 京都カレンダー 花暦 梅

京都カレンダー 花暦

見たい月をお選びください
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

梅が見られるスポット

梅宮大社

見頃:例年2月中旬〜3月中旬
梅宮をかつては「産宮」と記したことから、「産む」の語調にちなんで梅が植えられたといいます。神苑には同じ幹から紅白を咲き分ける「想いのまま」など、35種約550本が花を咲かせます。本殿には酒造りの神を祀りますが、子授け・安産のご利益もあると信仰を集め、夫婦で祈祷を受けてまたぐと子宝に恵まれるといわれる「またげ石」があることでも知られています。

住所 京都市右京区梅津フケノ川町30
電話 075-861-2730
拝観料 神苑入苑料500円
拝観時間 9:00〜17:00
アクセス 市バス「梅ノ宮神宮前」下車すぐ

PAGE TOP

京都御苑

見頃:例年2月上旬〜3月下旬
京都御苑には蛤御門のあたりから出水口にかけて梅林が広がり、紅梅と白梅が約230本植えられています。建礼門前の通りを下がって、九条池の付近まで歩くと、一角に「黒木の梅」と呼ばれる名木があり、黒味を帯びた見事な枝ぶりの中に、たくさんの鮮やかな紅色の花を咲かせます。

住所 京都市上京区京都御苑
電話 075-211-6348
拝観料 無料
拝観時間 自由
アクセス 地下鉄烏丸線「丸太町駅」「今出川駅」下車すぐ

PAGE TOP

勧修寺

見頃:例年2月上旬〜下旬
醍醐天皇により創建された門跡寺院です。方丈のそばにある「臥龍の老梅」は、江戸時代に京都御所から移された名木。現在は、親子孫の三代が幹を絡ませる姿が龍に似て、天下無双の様を見ることができます。親と子は老いて花をつけることはありませんが、孫の木が芳香を放ちながら見事な花を咲かせています。

住所 京都市山科区勧修寺仁王堂町27-6
電話 075-571-0048
拝観料 400円
拝観時間 9:00〜16:00
アクセス 地下鉄東西線「小野駅」下車徒歩約10分

PAGE TOP

城南宮

見頃:例年2月中旬〜3月中旬
城南宮の神苑は「源氏物語 花の庭」と称され、四季折々の草花で彩られます。中でも、古来から愛され続ける梅はまた格別で、春の山の庭では紅白合わせて約150本のしだれ梅が枝から垂れるようにして咲き誇ります。2月18日〜3月21日まで、「しだれ梅と椿まつり」が開催されます。

住所 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
電話 075-623-0846
拝観料 500円
拝観時間 9:00〜16:00
アクセス 市バス「城南宮東口」下車徒歩約3分

PAGE TOP

北野天満宮

見頃:例年2月中旬〜3月下旬
祭神の菅原道真が、この上なく梅を愛したことから、梅苑と境内に50種約1500本の梅が植えられています。中には下を向いて咲く「照水梅」など珍しい品種も。梅苑をゆったりと散策しながら、辺り一帯に漂う梅の香を満喫することができます。歩き疲れたら、苑内の茶店で一服できます。

住所 京都市上京区馬喰町
電話 075-461-0005
拝観料 梅苑入苑園料600円
拝観時間 10:00〜16:00
アクセス 市バス「北野天満宮前」下車すぐ

PAGE TOP

随心院

見頃:例年3月上旬〜下旬
小野小町ゆかりの寺として知られています。境内には約230本の梅が咲く小野梅園があり、毎年3月1日から開園します。園内には「はねずの梅」と呼ばれる薄紅色をした梅があり、ほんのりと花びらを染めるこの梅は、他よりも少し遅れて見ごろを迎えます。

住所 京都市山科区小野御霊町35
電話 075-571-0025
拝観料 梅園入園料400円
拝観時間 9:00〜16:30
アクセス 地下鉄東西線「小野駅」下車徒歩約5分

※花の開花状況は現地取材をもとにしていますが、
天候などにより異なる場合がございます。お出かけ前にご確認ください。
写真はイメージです。

この月の花暦に戻る
PAGE TOP