桜の平安神宮 神職さんと早朝参拝

会員イベント

2023/2/12(日)から受付開始
  • 東神苑 泰平閣から望む尚美館
  • 中神苑 非公開エリア
  • 南神苑
  • 大極殿
  • 應天門
  • 東神苑 泰平閣から望む尚美館
  • 中神苑 非公開エリア
  • 南神苑
  • 大極殿
  • 應天門
2023/2/12(日)から受付開始 <先着順>
※イベントのお申込みは、「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カードをお持ちの方のみとなります(カードの新規ご入会は2022年6月30日をもって終了しました)。

京都を代表する桜名所のひとつ、平安神宮。趣の異なる南、西、中、東の4つのお庭で構成された神苑があり、春には約300本の桜が咲き乱れます。一般参拝が始まるまで会員様だけで神苑を貸切り、権禰宜の南坊城 卓英さんのご案内で静かな桜の園を散策しませんか。

お楽しみは、東神苑の栖鳳池にせり出すように建つ尚美館の特別拝観。平安神宮の貴賓館と呼ばれ、金地の華やかな襖絵が見事です。何よりも素晴らしいのは、障子を開けた先に広がる大パノラマ。水面に映り込む桜と池に架かる橋殿「泰平閣」が織り成す美景をご堪能ください。さらに、大きな紅しだれ桜が植えられた中神苑の非公開エリアにもご招待。朱色の社殿と桜が見事に調和した光景をご覧いただけます。

ご案内いただくのは桜景色だけではありません。平安京の正庁を約8分の5スケールで再現して造営された社殿はもちろん、日本最古の路面電車や、豊臣秀吉と関係する飛び石など、境内のさまざまな見どころを解説。何度も訪れたことのある人にも、きっと新しい発見があるはずです。春の平安神宮を隅々まで満喫しましょう。
日程
2023年4月9日(日)7:00 ~ 9:00頃
スケジュール
7:00 集合(平安神宮 應天門)
ご案内は、明治28年(1895)に第4回内国勧業博覧会のモニュメントとして造営された應天門からスタート

     ▼
参拝(大極殿、南神苑、西神苑)

■平安京の朝堂院の正殿を再現した重要文化財の大極殿
■紅しだれ桜の薄紅色の花が天蓋のように空を覆う南神苑
■明治の造園家7代目小川治兵衛が作庭した庭園を散策

     ▼
参拝(中神苑本殿横・通常非公開)

朱色の回廊に囲まれた、秘密の桜名所へご案内

     ▼
参拝(東神苑)

泰平閣から望む、桜に彩られた尚美館の美しい光景を堪能

     ▼
参拝(尚美館・通常非公開)

日本画家・望月玉渓による絢爛豪華な襖絵に注目

     ▼
9:00頃 解散
再入場を希望される方のみ、神苑入口へご案内いたします
場所
平安神宮
募集人数
30名
参加料
3,000円(参拝料・ガイディングレシーバー代込)
キャンセル料
当企画は下記のとおり、キャンセル料が発生いたします。ご注意ください。
キャンセル料 キャンセル料発生日
イベント実施15日前より20% 2023年3月25日(土)より
イベント実施3日前より50% 2023年4月6日(木)より
イベント実施2日前より100% 2023年4月7日(金)より
集合場所
平安神宮
JR京都駅→地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」乗換、東西線「東山駅」下車徒歩約10分
注意事項

※雨天決行。
※桜の見頃は気候条件によって変動いたします。
※貸切は8:30までです。それ以降は一般の参拝者がお越しになりますので、あらかじめご了承ください。
※状況によりガイディングレシーバーの使用を一時的に取りやめる場合があります。あらかじめご了承ください。
※イベントにご参加になる前に、「イベント参加の注意事項」のご確認をお願いいたします。ご参加の時点で、そちらに記載の内容にご了解をいただいたものとさせていただきます。


オリジナルイベント実施における新型コロナウイルス感染症対策について
参加申込み
2023年2月12日(日)10:00~14:00(先着順)
翌日以降は平日10:00~17:00のみ受付
TEL:075-681-9031(「そうだ 京都、行こう。」デスク)

イベント申込み手順はこちらからご確認ください。

その他・お問合せ
イベントに関するお問合せは「そうだ 京都、行こう。」デスク
TEL:075-681-9031(平日10:00~17:00)

おすすめコンテンツ