平岡八幡宮[ひらおかはちまんぐう]

神社

  • 平岡八幡宮
大同4年(809)空海が神護寺の守護神として創建した神社で、山城国最古の八幡宮といわれている。本殿内陣の天井は「花の天井」と呼ばれ、極彩色の花絵44面が描かれている。通常非公開だが、毎年春と秋に特別公開され、華麗な天井画を楽しむことができる。境内には「椿の小径」と呼ばれる庭があり、春には約200種の椿が咲き誇る。例年11月下旬には高雄もみじの紅葉を楽しむことができる。
住所
京都市右京区梅ヶ畑宮ノ口町23MAP
電話番号
075-871-2084
参拝時間
10:00~16:00(受付終了15:30)
参拝料
境内無料、「花の天井」は800円(お話と大福茶付)
アクセス
市バス「平岡八幡前」・JRバス「平岡八幡」下車徒歩約3分

※最新情報は各掲載先へご確認ください。

おすすめコンテンツ