法金剛院[ほうこんごういん]

寺院

極楽浄土を模した庭で名高い律宗の寺院。平安初期に清原夏野が山荘を建てた場所で、双丘寺が営まれていたが、のちに文徳天皇が大伽藍を建てて天安寺としたのを、大治5年(1130)、鳥羽天皇の中宮待賢門院が復興し法金剛院とした。桜、蓮、紅葉など四季折々に美しく、その美観は西行の歌にも詠まれた。西行が美貌の待賢門院を深く思慕していたことも知られている。藤原時代作の本尊阿弥陀如来像を安置する。
住所
京都市右京区花園扇野町49MAP
電話番号
075-461-9428
拝観時間
9:30~16:30(受付終了16:00)、7月の観蓮会期間は7:00~
※毎月15日のみ拝観可能
2022年秋の特別拝観:11月12日(土)~12月11日(日)
拝観料
500円
アクセス
JR山陰本線(嵯峨野線)「花園駅」下車徒歩約3分
HPアドレス
http://houkongouin.com/

※最新情報は各掲載先へご確認ください。

おすすめコンテンツ