愛宕念仏寺[おたぎねんぶつじ]

寺院

  • 愛宕念仏寺
もとは東山に建てられたと伝わる古刹で、平安初期に鴨川の洪水で堂宇が流失し、醍醐天皇が天台の僧、千観内供(せんかんないぐう)に再興させて比叡山の末寺となった。本尊は千手観音像。千観内供は世に念仏上人といわれ、この寺も愛宕念仏寺と称するようになる。現在地に移ったのは大正時代で、一般参拝者に奉納された千二百体の石の羅漢さんが迎えてくれる。ふれあい観音堂をはじめ、前住職の仏像彫刻家・故西村公朝作の仏像が多数祀られている。
住所
京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5MAP
電話番号
075-285-1549
拝観時間
8:00~16:30
拝観料
300円
アクセス
京都バス「愛宕寺前」下車すぐ
HPアドレス
http://www.otagiji.com/

※最新情報は各掲載先へご確認ください。

おすすめコンテンツ