乙訓寺[おとくにでら]

寺院

牡丹の名所として知られる真言宗豊山派の古刹。寺伝によれば、聖徳太子の創建という。延暦10年(791)に早良親王がここに幽閉されたことが歴史に残る。弘仁2年(811)には空海が別当としてこの寺に在職し、それまで手紙のやりとりだけだった最澄と初めて顔を合わせた。応仁の乱で荒廃したが、徳川綱吉が再興した。現在の本堂はこの頃に建てられた。本尊は秘仏で、首から上のモデルは八幡大菩薩、下は空海という合体大師像。毘沙門天像は平安時代のもの。
住所
長岡京市今里三丁目14-7 MAP
電話番号
075-951-5759
拝観時間
8:00~17:00(受付終了16:45)
拝観料
500円
アクセス
阪急バス「薬師堂」下車徒歩約5分
HPアドレス
http://otokunidera.jupiter.bindcloud.jp/

※最新情報は各掲載先へご確認ください。

おすすめコンテンツ