天龍寺[てんりゅうじ]

寺院

世界遺産

後醍醐天皇の菩提を弔うため足利尊氏が建立した。臨済宗天龍寺派の大本山で開山は夢窓疎石。室町時代には京都五山の第一位となった。有名な曹源池庭園は開山・夢窓疎石の作庭。曹源池を中心とした亀山と嵐山を望む池泉回遊式庭園で、優美な大和絵風の州浜と宋元画を思わせる池奥の景色とが融合している。境内には大方丈、書院(小方丈)、庫裏、法堂、僧堂などの禅寺様式の建物が並ぶ。法堂の天井に描かれた「雲龍図」は圧巻である。世界文化遺産登録。
住所
京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68MAP
電話番号
075-881-1235
時間
庭園8:30~17:00(受付終了16:50)
諸堂8:30~16:45(受付終了16:30)
法堂「雲龍図」9:00~16:30※土日祝のみの公開(1/1~2は除く)、春・夏(盆)・秋の特別参拝期間は毎日公開
料金
庭園500円(諸堂参拝は300円追加)、法堂「雲龍図」500円
アクセス
JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車徒歩約13分、嵐電嵐山本線「嵐山駅」下車すぐ
HPアドレス
http://www.tenryuji.com/

※最新情報は各掲載先へご確認ください。

おすすめコンテンツ