雰囲気良し♪ 京都の喫茶店&カフェで食べたい“プリン”

  • グルメ・スイーツ

スマート珈琲店

スマート珈琲店

ここ数年、特集が組まれるほど人気の“プリン”。京都でも、昔ながらの喫茶店や新しいカフェなど、さまざまなお店の名物スイーツとしてメニューに名を連ねています。今回は店内の雰囲気とともに楽しみたいプリンをピックアップしてみました。ぜひ、味わってみてくださいね♪
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、京都旅行の際は、政府およびお住まいの都道府県と京都府の要請をご確認ください。京都にお越しの際は、マスクの着用・手指のアルコール消毒など、感染拡大防止の徹底にご協力をお願いいたします。日々、状況は変化しておりますので、事前に最新情報をご確認ください。

【スマート珈琲店】
老舗喫茶で味わう、昔ながらの「自家製プリン」

自家製プリンセット 1,100円(単品は600円)

自家製プリンセット 1,100円(単品は600円)

寺町通のアーケードに店を構え、今年(2022年)で創業90年を迎える老舗喫茶・スマート珈琲店。店先にある焙煎機で豆を煎り、オリジナルブレンドのコーヒーを提供されています。

喫茶店の定番スイーツともいえる“プリン”は自家製で、3代にわたりレシピを受け継がれているそう。やや固く、ほんのり甘いカラメルソースに卵の風味がしっかり感じられる、昔ながらのプリンです。コーヒーとあわせて、じっくり味わいましょう。
  • 1階の喫茶スペース。
  • 寺町通に面したお店です。
  • 1階の喫茶スペース。
  • 寺町通に面したお店です。

ブロックメモとスクエア付箋 各440円

ブロックメモとスクエア付箋 各440円

スマート珈琲店といえば、ホットケーキやフレンチトーストも人気。そんな看板メニューや小物がデザインされたオリジナル文房具が登場しています。もちろん、お店の味をお家でも楽しめる「オリジナルブレンド珈琲」(200g入1,200円)のご用意も。おみやげにぜひチェックしてみてくださいね♪

■スマート珈琲店
【営業時間】8:00~19:00、2階ランチタイム11:00~14:30(ラストオーダー)
【定休日】無休※ランチは火曜日休
【電話】075-231-6547
【アクセス】地下鉄東西線「京都市役所前駅」から徒歩約3分 Google map
【公式ホームページ】https://www.smartcoffee.jp/

【やまもと喫茶】
乙女心くすぐるレトロ喫茶の「プリン」

  • プリンとクリームソーダのセット 1,200円
  • たっぷりのカラメルソースに浸かったプリン。
  • プリンとクリームソーダのセット 1,200円
  • たっぷりのカラメルソースに浸かったプリン。
祇園の白川沿いに位置するやまもと喫茶。東大路通を西へ入るとすぐに見えてくる、黄色と白のストライプのテントが目印のお店です。昔ながらの雰囲気がただよいますが、オープンは2011年のこと。店内の壁面はレトロなギンガムチェックに彩られ、メニューには焼たまごサンドやナポリタンなど喫茶店の定番メニューが揃います。

名物のひとつ「プリン」はなめらかな口あたりで、ほろ苦いカラメルソースとの相性も良し。ドリンク付800円もありますが、せっかくなら、同じく人気の「クリームソーダ」とあわせて楽しんでみてはいかがでしょう。脚付きの銀皿に花柄のグラスと、どちらもレトロ感たっぷり。冬限定のプリンアラモード(900円、ドリンク付1,200円)もおすすめですよ♪
  • 黄色と白のストライプのテントが目印です。
  • ギンガムチェックの壁面がかわいい店内。
  • 黄色と白のストライプのテントが目印です。
  • ギンガムチェックの壁面がかわいい店内。

やまもと喫茶のマグネットがあたる、ガチャガチャ。

やまもと喫茶のマグネットがあたる、ガチャガチャ。

店内には、やまもと喫茶のメニューなどをモチーフにしたマグネットがあたる、ガチャガチャの姿も。思わずチャレンジしてみたら、私はやまもと喫茶の“ロゴ”があたりました! どれも可愛くて、集めたくなります・・・ 次回は何が出てくるかな?

■やまもと喫茶
【営業時間】7:00~17:00(ラストオーダー16:30)
【定休日】火曜日、他不定休あり
【電話】075-531-0109
【アクセス】市バス「知恩院前」バス停からすぐ Google map
【公式Instagram】https://www.instagram.com/yamamoto_kissa/

【ENFUSE】
ミュージアムカフェのかわいい「プリンアラモード」

  • プリンアラモード 850円
  • プリンアラモード 850円
2020年にリニューアルオープンした京都市京セラ美術館。それにあわせて同館初のミュージアムカフェとして誕生したのが、ENFUSE(エンフューズ)です。地下1階にありますが、店内は窓から光が差し込み、開放的な雰囲気。平安神宮の大鳥居をローアングルから眺めることもできます。

ミュージアムカフェながらドリンクはもちろん軽食やデザートなどメニューが豊富で、昔なつかしい「プリンアラモード」もあります。卵の味をしっかり感じる手作りプリンには、フルーツや生クリーム、バニラアイスなどが添えられ華やか。脚付きの銀色のお皿に盛られた王道スタイルも、かわいいですよね♪ アート鑑賞後に、ぜひ甘いひとときをお過ごしください。
  • 京都市京セラ美術館
  • 地下1階にENFUSEがあります。
  • 店内は開放的な雰囲気。
  • 京都市京セラ美術館
  • 地下1階にENFUSEがあります。
  • 店内は開放的な雰囲気。
■ENFUSE
【営業時間】10:30~19:00(最終入店、ラストオーダー18:00)
【定休日】美術館休館日に準ずる
【電話】075-751-1010
【アクセス】地下鉄東西線「東山駅」から徒歩約8分 Google map
【公式ホームページ】https://enfuse.jp/
【公式Instagram】https://www.instagram.com/enfuse_kyoto/
【京都市京セラ美術館公式ホームページ】https://kyotocity-kyocera.museum/

【The Unir coffee senses】
スペシャルティコーヒー専門店が手がける「アフォガートコーヒープリン」

  • お団子3つ(?)のような見た目もかわいいアフォガートコーヒープリン(650円)。
  • カラメルソースが、とろ~り♪
  • お団子3つ(?)のような見た目もかわいいアフォガートコーヒープリン(650円)。
  • カラメルソースが、とろ~り♪
The Unir coffee senses(ザ・ウニール コーヒー センシズ)は、2020年、石畳が続く東山・一念坂にオープンしたカフェ。築100年を超える日本家屋をリノベーションした建物で、店内は和と洋を組み合わせたスタイリッシュな空間に。1階カウンターでオーダーし、2階のカフェスペースでゆっくり過ごすことができます。

こちらの名物スイーツが、キャラメルソースとエスプレッソをお好みでかけて楽しむ「アフォガートコーヒープリン」。コーヒーを使ったプリンに、バニラアイス・キャラメルソースの甘さとエスプレッソのほろ苦さが絶妙にあわさり、スペシャルティコーヒーが自慢のお店ならではの味わいです。しっかり固めのプリンですが、口にするとなめらかに溶けていきます♪
  • 建物は京都市指定伝統的建造物。重厚な雰囲気がただよいます。
  • 広々とした2階のカフェスペース。天井には立派な梁(はり)が見えます。
  • 建物は京都市指定伝統的建造物。重厚な雰囲気がただよいます。
  • 広々とした2階のカフェスペース。天井には立派な梁(はり)が見えます。
■The Unir coffee senses
【営業時間】平日11:30~17:30(ラストオーダー17:00)、土日祝11:00~18:00(ラストオーダー17:30)※時短営業中(2022年2月現在)
【定休日】水曜日、第3木曜日
【電話】075-746-6353
【アクセス】市バス「東山安井」バス停から徒歩約5分 Google map
【公式ホームページ】https://www.theunir.com/
【公式Instagram】https://www.instagram.com/the_unir_coffee_senses/
※掲載内容は2022年2月16日時点の情報です。最新情報は各掲載先へご確認ください。

Written by. かりー

おすすめコンテンツ