モミジ・栗・さつまいも! 秋を感じる京都のお菓子

  • お買い物
  • グルメ・スイーツ

鍵善良房

鍵善良房

秋の気配がより一層深まる10月。秋といえば“食欲の秋”ともいわれ、栗やさつまいもなどを使った、旬の食べ物も気になりますよね♪ 今回は、そんな秋を感じる京都のお菓子をピックアップしました。京都観光のおみやげに、または自分用に、ぜひチェックしてみてください。
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、京都旅行の際は、政府およびお住まいの都道府県と京都府の要請をご確認ください。京都にお越しの際は、マスクの着用・手指のアルコール消毒など、感染拡大防止の徹底にご協力をお願いいたします。日々、状況は変化しておりますので、事前に最新情報をご確認ください。

【鶴屋吉信】秋襲
重なり合うモミジが美しい、珠玉の工芸菓

  • 秋襲 1棹1,512円(10月16日~11月30日までの販売)
  • 職人さんの手により丁寧に作られています。
  • 秋襲 1棹1,512円(10月16日~11月30日までの販売)
  • 職人さんの手により丁寧に作られています。
創業200年を超える老舗和菓子店「鶴屋吉信」の秋のおすすめは、工芸菓「秋襲(あきがさね)」。丁寧に炊きあげられた小倉羹と透明な琥珀羹の二層羊羹からなり、上品な甘さが絶妙です。秋といえば、やっぱり“紅葉”。深紅や黄色、緑など、羊羹でできた美しいモミジを琥珀羹に閉じ込め、奥行きある風景を表現されています。秋の終わり頃、社寺の参道で見かける“モミジの絨毯”にも見えてきませんか? モミジの色合わせは職人さんが手仕事で行われ、秋の深まりとともにわずかに変わるそう。「こんな紅葉を見てきたよ」と思い出のお裾分けにもぴったりですね♪

■鶴屋吉信
【営業時間】1階9:00〜18:00、2階お休み処・菓遊茶屋10:00~17:00(ラストオーダー16:30)
【定休日】水曜日(臨時営業あり)
【電話】075-441-0105
【アクセス】市バス「堀川今出川」バス停からすぐ Google map
【公式ホームページ】https://www.tsuruyayoshinobu.jp
【公式Twitter】https://twitter.com/tsuruya1803
【公式Instagram】https://www.instagram.com/tsuruya.yoshinobu_wagashi
★「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カード特典協力先です。

【果朋 -KAHOU-】栗きんとん餅
見た目も気になる! 和栗を贅沢に味わえる創作和菓子

  • 栗きんとん餅 1,350円(~12月中旬までの販売予定)
  • 栗きんとん餅 1,350円(~12月中旬までの販売予定)
二条城の近くにお店を構える「果朋 -KAHOU-」。旬のフルーツやナッツなどをたっぷり使った美しい創作和菓子が人気のお店です。おしゃれな曲げわっぱに入った「栗きんとん餅」は、見た目のインパクトはもちろん、和栗のほっこりとした優しい味わいが楽しめる一品。たっぷりふりかけられた国産の栗そぼろと、中央に添えられた渋皮栗の甘納豆、その下に隠れているもちっと柔らかな羽二重餅はどれも相性抜群です。羽二重餅はひとくちサイズになっているので、手軽にとりわけられるのも嬉しいポイント。秋の味覚“栗”を、贅沢にいただきましょう♪

■果朋 -KAHOU-
【営業時間】10:00〜18:00
【定休日】火曜日
【電話】075-821-0155
【アクセス】地下鉄東西線・JR山陰本線(嵯峨野線)「二条駅」から徒歩約5分 Google map
【公式ホームページ】https://kahou.kyoto/
【公式Instagram】https://www.instagram.com/kahou.kyoto/

【鍵善良房】みのりの秋
小さくてかわいい、秋の味覚がたっぷり♪

みのりの秋 3,000円(~11月上旬までの販売予定、なくなり次第終了。内容は変更の場合があります)

みのりの秋 3,000円(~11月上旬までの販売予定、なくなり次第終了。内容は変更の場合があります)

享保年間(1716~36)に創業した「鍵善良房」。名物「くずきり」や代表銘菓「菊寿糖」は、京都の人たちに古くから愛され続けています。秋限定で登場する「みのりの秋」は、名前の通り、芋や柿、松茸、栗など秋の味覚をたっぷり盛り合わせたお菓子。華やかな見た目も嬉しく、蓋を開けた瞬間につい笑みがこぼれてしまいます。お菓子は落雁や州浜で作られ、さまざまな食感や味わいが楽しめるのも魅力。お店で人気のさつまいもの焼菓子「おひもさん」も入っていて、まさに秋づくしです。ひとつひとつ、季節を感じながらいただいてみてください。

■鍵善良房 四条本店
【営業時間】9:30~18:00、喫茶10:00~18:00(ラストオーダー17:30)
【定休日】月曜日(祝祭日の場合は翌日)
【電話】075-561-1818
【アクセス】市バス「祇園」バス停から徒歩約3分 Google map
【公式ホームページ】http://www.kagizen.co.jp/

【永楽屋】琥珀 紅玉
和菓子なのに洋菓子みたい。風味豊かなリンゴの味わいを楽しんで

  • 琥珀 紅玉 1箱12個入(1包2個入) 1,100円
  • 琥珀 紅玉 1箱12個入(1包2個入) 1,100円
京都の繁華街・四条河原町に本店を構える「永楽屋」。70年以上にわたり、からいもの(佃煮)と甘いもの(菓子)を扱われています。なかでも宝石のように美しい「琥珀菓子」はファンが多く、秋から早春にかけては「紅玉(こうぎょく)」が登場。酸味のある色の美しい紅玉リンゴを使って自家製リンゴ酒を作り、そこにシナモンを加え、洋菓子風の琥珀に仕上げられています。しゃりっとした食感と風味豊かなりんごの味わいは、紅茶と一緒にいただくのも良さそうです。パッケージはシンプルながらも可憐な雰囲気でおみやげにも重宝しそう。

■永楽屋 本店
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】無休
【電話】075-221-2318
【アクセス】市バス「四条河原町」バス停から徒歩約1分、阪急京都線「京都河原町駅」から徒歩すぐ Google map
【公式ホームページ】https://www.eirakuya.co.jp/
【公式Facebook】https://www.facebook.com/eirakuya/
【公式Twitter】https://twitter.com/eirakuya
★「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カード特典協力先です。

【kyocafe chacha】京ワッフル さつまいもバター
“きゅん”とときめくビジュアルの秋限定フレーバー

さつまいもバター 1個750円(~11月末までの販売予定)

さつまいもバター 1個750円(~11月末までの販売予定)

「世界中のかわいいもの好き達の心が、“きゅん”とときめく時間をつくる」をコンセプトにし、ワンハンドスイーツ「京ワッフル」を手がける「kyocafe chacha」。秋限定のフレーバー「さつまいもバター」は、大粒ザラメが入った京ワッフル生地に、サツマイモと黒ごまを混ぜて焼き上げられています。その上から紫芋とさつまいものペーストが交互に絞られ、お花のような形や彩りがかわいらしく、写真映えもばっちり。電子レンジやトースターで温めてからいただけば、よりほくほくのお芋感が味わえるのでおすすめです♪

さつまいもバター 1個750円、モンブラン 1個750円

さつまいもバター 1個750円、モンブラン 1個750円

こちらは、「ハロウィン」バージョンの京ワッフル! ぱっちりお目々とアーモンドの眉毛がまたキュートですね。10月31日(月)までの期間限定ですので、こちらもどうぞお見逃しなく。

■kyocafe chacha 三条店
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】不定休、12月31日~1月3日
【電話】075-746-6817
【アクセス】地下鉄東西線「京都市役所前駅」から徒歩約5分 Google map
【公式ホームページ】https://kyocafechacha.com/
【公式Twitter】https://twitter.com/kyocafechacha
【公式Instagram】https://www.instagram.com/kyocafe_chacha/

kyocafe chacha 三条店は、「五感で楽しむ秋! こだわりの京都名所・スイーツクーポン付チケット」対象店舗です。チケットのご利用で、京ワッフル(抹茶・テイクアウトのみ)をご提供いただけます。詳細は、下記をチェック!
⇒五感で楽しむ秋! こだわりの京都名所・スイーツ
※掲載内容は2022年10月12日時点の情報です。最新情報は各掲載先へご確認ください。

Written by. オパン

おすすめコンテンツ