大幣神事

祭り

  • 大幣神事
県(あがた)祭の2日後に行われる神事。藤原氏が宇治の平穏を祈願して斎行した道餐祭(みちあえのまつり)が起源です。大幣殿を出た大幣は、幣差(へいさし)、神馬などの多くのお供と共にあがた通り、新町通り、本町通りと町の角々でお祓いの儀式をしながら進み、帰着後、大幣殿前で3回転させて地面に叩きつけた大幣を12人の幣差が宇治橋まで引きずって走り、橋の上からお祓いをした疫神とともに川に流します。

日程
2022年6月8日(水)
10:00~12:00
料金
無料
場所
県神社

おすすめコンテンツ